-->
ウィンドウショピングって楽しいですよね。 買いたいものを、なんとなく眺めているだけで、明日から頑張って働いて稼いでほしいものゲットするぞっていう、気分になってきます。東急ハンズとか、品揃え豊富なお店では、特に楽しめます。 でも、ウィンドウショッピングは貧乏臭くて嫌いって人も居ますよね。 実は昔の日本では、ウィンドウショッピングこそ粋な遊びだと思われていたんです。 まだ戦争が始まる前の、昭和初期の日本で流行した言葉に「銀ブラ」というものがあります。 この銀ブラとは主に、お金のない若者たちが、当時から高級で箔のついた店の並んでいた銀座の町をブラブラと流し、フルーツパーラーや、テーラーを冷やかしていた事から始まった言葉で、転じて、銀座の町を目的もなくぶらつくことが粋な遊びであるという意味につながっていきました。実際昭和初期には、お金のある人の間でも銀ブラが大流行したそうです。 ウィンドウショッピングが粋だった時代に戻して、心ゆくまで楽しみたいですねえ。

Link

Copyright © 1997 www.gourmetawards.org All Rights Reserved.